アンテナ工事で目立たないアンテナを選べるの?

屋根裏に地デジアンテナを設置する

目立たない地デジアンテナを設置する方法としてまず挙げられるのが、屋根裏でのアンテナ設置です。外からは配線やアンテナが全く見えないだけでなく、雨風からアンテナがしっかり守られるため、倒壊の危険性も限りなく低いです。さらに、アンテナ本体や配線の寿命も長くなります。新築一戸建てに住んでいる方々の間で、人気のアンテナ設置方法だと言えるでしょう。ただし、屋根裏への地デジアンテナ設置は、一定の専門知識や技術力が必要不可欠です。隠ぺい配線や同軸ケーブルの使用など、建物の状況に応じて最適な工事を行う必要があります。したがってアンテナ工事に強くない業者へ依頼してしまうと、最悪の場合テレビが見られないという危険性もあります。屋根裏設置を検討する場合は、実績が豊富な専門業者を選ぶことが大切です。

デザインアンテナを設置する

地デジアンテナをできるだけ目立たなくするための2つめの方法は、デザインアンテナの設置です。デザインアンテナは平面アンテナと呼ばれることもあり、厚みがほとんどありません。外壁にデザインアンテナを設置する場合、建物の外壁と色を合わせれば、あまり目立たずにアンテナを設置できます。また屋根の上に地デジアンテナを設置する場合よりも、倒壊する危険性が低くなります。自宅のビジュアルを大切にしている方々から、高い評価を得ているアンテナ工事だと言えるでしょう。ただし、デザインアンテナを外壁に設置する場合は、地域や場所によってアンテナの感度が悪くなるケースがあります。したがって、デザインアンテナの外壁設置を行う前に、受信感度をしっかり調査する必要があるでしょう。