アンテナ工事でCSとBSは別々に行うの?

BSとCSは共用アンテナの利用ができる

テレビ放送には地上波放送と衛星放送があります。それぞれのアンテナが必要になり、アンテナがない時はアンテナ工事をしてもらう必要があります。地上波放送は骨のようなアンテナを設置しますが、衛星放送といえばパラボラアンテナと言われる丸いアンテナを設置します。 もしBS放送とCS放送のアンテナを設置していなくてこれから両方視聴したいとき、それぞれのアンテナを設置しなければいけないのでしょうか。一応BS用、CS用のアンテナがありますが、BSとCS共用アンテナもあります。これまで設置していないのであれば、新たに共用アンテナを一つ設置するだけで両方の放送を視聴できるようになります。アンテナを購入するのであれば共用タイプを選ぶようにしましょう。

工事では高さより角度が重視される

地上波放送を視聴するとき、地上波放送用のアンテナを設置する必要があります。それぞれの地域ごとに送信用のアンテナが山やタワーなどに設置されていて、そこからの電波を受信します。高い所であればその分障害物の影響を受けにくくなり快適に受信できるようになります。では衛星放送のアンテナ工事をしてもらうときはどうかです。以前はBSとCSでは規格が異っていました。今はそれぞれの仕組みが統合され、同じような設置方法で行えます。地上波放送ではできるだけ高いところに設置をするのが良いので屋根の上などに設置をします。一方衛星放送は衛星から受信をするので高いところに設置する必要はありません。BSもCSも同じ角度で構いませんが、衛星への角度に十分注意しましょう。