台風の影響でアンテナ工事をしてもらうとき保険が使えるって本当?

火災保険で台風で壊れたアンテナを工事してもらう

世界にはいろいろな風災害があり、日本には台風がよくやってきます。意外に真夏は少なく、夏の暑さが収まってくる秋ごろに多くやってきます。台風が来ると住宅の設備の状態などが気になり、特に屋根に設置しているアンテナの状態をチェックする人もいるでしょう。台風の影響でアンテナが壊れた時、住宅の火災保険を使って工事をしてもらえるかもしれません。火災保険には入り方があり、いろいろな災害に対応するように入っておけば台風で被害に遭ったときにも保険金を受けとれます。アンテナそのものは数千円ぐらいですが、屋根の上などで工事をしてもらおうとすると数万円かかるときもあります。台風がよく来る地域であれば、火災保険の内容をチェックしておくと良いでしょう。

火災保険でアンテナを直してもらうときの注意

住宅が火災に遭ったときに備えて入るのが火災保険です。地震に備えるには別途特約で地震保険に入る必要がありますが、火災保険のみなら風災や水害などいろいろな災害に対応してもらえます。もし台風が来てアンテナが壊れたとしたら、保険会社に連絡をして保険金の請求をしましょう。工事費用などを受けられるかもしれません。この時の注意として、保険会社の確認が終わるまでアンテナをそのままにしておく必要があります。壊れた状態が分からないと本当に壊れたのかどうかがわかりません。その間テレビの視聴ができないかもしれませんが我慢するしかありません。また損害が少ないと保険金が受けられないときがあります。契約によっては少額でも受けられる方法があるので、切り替えるようにしましょう。